一般/自費診療

DENTISTRY

歯科全般を考慮してます

札幌テイネ歯科口腔外科クリニックでは、口腔外科疾患で受診された患者様の場合にも、当然、歯周病やその他の一般歯科で行う治療を必要としているケースが多々あります。

そのような場合にも、一般歯科・小児歯科治療にも対応しておりますので、そちらの疾患のある方も、スムーズに治療に入ることが可能です。

また、お口のコンプレックスを解消して、生き生きとした毎日を過ごしたい。「美しく健康な歯」に対するニーズからホワイトニングや高品質なセラミックを使用した治療(自費診療)も行っております。

​せっかく治療するなら、より美しく治したい。
お口のコンプレックスを解消して、生き生きとした毎日を過ごしたい。

セラミック修復

セラミックは陶器の一種なので、口の中に長期間入っても安定し続けます。しかも型はコンピュータ上で作って機械で削り出すので、歯にピッタリくっつきます。だから銀歯と比べて虫歯の再発率が低いのです。また汚れがつきにくく最初に表面をコーディングして焼いておくので、表面に傷がなく汚れも付きにくくなっています。そのため、長くキレイで清潔な歯を保てるのです。銀歯に比べアレルギーも軽減できます。

さらに、セラミックは自分で白さの度合いを選べるため、天然の歯よりも白くすることも可能です。また、経年的な色の変化がないので、白い歯を半永久的に維持できます。美しい歯を手に入れたい人には、セラミックは非常にオススメです。

ホワイトニング

歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などさまざまな原因で着色してしまった歯を、削ることなく歯の表面を漂白するように白くして、歯の色を白くすることです。
以前では歯の色を白くするために、歯を削りセラミックの歯を被せたりしていましたが、最近では歯を削ること無く、白くすることができるようになりました。

歯の白さは心理学的に「若さ」「知性」「清潔感」を相手に印象づけます。
2013年に行われたイギリスの調査では歯が白い人は平均で5歳若く見え、採用面接の合格率も高まるという結果が出ています。
また歯が白いと写真のように肌も白く透明感があるように見えます。

噛み合わせ

噛み合わせが悪いことによる悪影響は数多くありますが大きなものとして、全身の健康への影響と虫歯や歯周病への関与、外見や発音への影響があります。

噛み合わせが悪いということは物を良く咬むことが出来ません。口は消化器官の入り口の役割をはたしていますので、良く噛むことが出来ないと胃や腸へ負担をかけてしまうことになります。また噛み合わせが悪いことで顎関節症や肩こり、腰痛の原因にもなります。イライラや集中力の欠如にも繋がります。近年ではアルツハイマー病と噛み合わせの関係も解ってきています。また、唾液の出る量が少なくなったり、口で呼吸をするようになったりすることで虫歯や歯周病に罹るリスクも大きくなります。

歯の位置や顎の位置は顔の形に大きく影響を及ぼしますので外見的な影響を与えるほか、発音や滑舌にも大きな影響を与えています。