IMPLANT

インプラント

インプラントとは

むし歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に、昔は「入れ歯」や「ブリッジ」となっていましたが、今では、チタン製やチタン合金製の支柱(インプラント)を顎の骨に埋入し、それを土台として、人工の歯を取り付ける治療=「デンタルインプラント治療」という治療方法があります。
顎の骨の中に埋め込んで用いるという点では、関節の再建とか、骨折の固定に用いられる、各種の整形外科インプラントと同じカテゴリーに属します。
また、人工歯根、歯科インプラント、口腔インプラントなどとも呼ばれます。

​入歯をインプラントに変えて、美味しく食べられる、旅行も気にせず楽しめるという喜びを取り戻しましょう。

インプラントのメリット

ここ数年、安全性と治療技術が飛躍的に進歩し、現在では歯を失った時の治療の選択枝としてこのインプラントが確固たる地位を獲得するようになりました。インプラントは入れ歯やブリッジとは違い「他の歯に負担をかけない」「自然な見た目が手に入る」「天然歯と同程度の咬合機能がある」「食べ物の味や感触がよくわかる」などの数多くのメリットを有し、多くの方が治療を希望し始めています。またインプラントは歯を失う負の連鎖からぬけだせる唯一の歯科治療法としても注目を集めています。

インプラント

入れ歯

インプラントの治療の流れ

1. 初診相談

専門医があなたのお悩みと、なりたい将来のお話を丁寧にお聞きします。

2. 治療計画

レントゲン写真、口腔内模型、CTなどをもとに専門医が診断し、その方に合った治療計画を立てます。

3. 治療計画説明と概算書説明

検査をもとに治療計画と概算を説明し、質問等に詳しくお答えします。

4. 手術前の口腔内環境改善治療

虫歯や歯周病による口腔内の状況を知り、衛生的な環境でインプラント治療が受けられるようクリーニングを行います。

5. インプラント埋入手術

専用の手術室完備。リラックスして手術・治療が受けられるよう設備を整えております。局所麻酔と笑気吸入鎮静法、希望により静脈内鎮静法も施行可能です。(インプラント手術に、局所麻酔だけでなく静脈内鎮静法も取り入れています) 口腔内を消毒したのちに麻酔をかけます。顎の骨に専用器具で穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)を埋める手術を行います。手術は平均1時間程度で終わり、入院の必要はありません。

6. インプラント二次手術

顎骨内の生着したインプラント体を口腔内に露出させる手技です。 一定の治癒期間をおいた後、2回目の手術を行います。骨と結合したインプラント(フィクスチャー)に歯を支える土台(アバットメント)をネジでとめる手術です。

7. 仮歯の装着

歯肉や口腔内の状態を確認しながら最終的に使用する義歯のための型取りを行います。 まずは仮の歯を装着して噛みあわせや装着感・清掃性などの確認をして調整を行います。

8. インプラント上部構造体の装着

すべての状態を確認しながら、装着に問題が無い場合、最終的な義歯(インプラント)を装着します。

9. メインテナンス

より良い状態でインプラントを長年使い続けるために、定期的に健診を受けて頂きます。 インプラントの上部構造(被せ物)がゆるむ、噛み合わせに狂いが生じる、それにより食事に支障が出るといったさまざまな問題が起きないためにも、定期健診を受けて頂きます。 素敵な笑顔を続けて頂くために、必要なことです。

※インプラントは非自己であるためメインテナンスで通院可能な方がインプラント治療の適応となります。

インプラント治療の注意点

札幌テイネ歯科口腔外科クリニックにおいては、近年のデンタルインプラントの需要が高まりに対し、各種の骨造成方法を取り入れ、従来非適応であった難症例にも対応するように努力しています。
インプラントが機能するための条件の一つとして、インプラントを埋入する部分の骨の量に、十分な高さと幅がある必要があります。CT診査の結果、インプラントを埋入する部分の骨の状態が適さないと判断された場合には、「骨造成法」を行う必要があります。
骨を補うためには、「サイナスリフト」や「ソケットリフト」、「スプリットクレスト」、「GBR」というような方法を用ることもあります。

ノーベルクリニシャン

ノーベルクリニシャンで診断した結果を元に安心安全なガイデッドサージェリーにも対応しています。

ノーべルバイオケア

ノーベルバイオケアは、歯科インプラントを世界で初めて製品展開した近代インプラントシステムのパイオニアです。その実績と歴史をご紹介いたします。

北海道のインプラント専門医院 (DentalConcept21会 会員です)